ベビー、キッズ

お風呂で使える知育おもちゃのおすすめは?赤ちゃんや子供は言葉をこれで覚えました

世の中には様々なおもちゃがあり、お風呂で使えるおもちゃも数多く販売されてきていますね。

国産だけでなく、海外で作られているオシャレなおもちゃもたくさんあります。

ですが、自分のところの子供が何に興味を持ち、何で遊んでくれるのか分かりませんよね。

我が家の子供もおもちゃ屋さんで買ったものの、あまり遊んでくれなくてがっかりした経験もあります。( ノД`)シクシク…

おもちゃの中でも、私が気になっていたのが知育系のおもちゃでした。

お部屋で遊べる指先を使うおもちゃは、摘まんだりもしていましたが

その多くは舐めたりかじったりで、思っていた遊び方とは異なる遊び方をしていました。

今の100均はかなり多くのおもちゃが売っており、知育系のおもちゃも多くあります。

今回はお風呂場で使えるおすすめのおもちゃをお話していこうと思います。(^^♪

比較はなかなか難しいのですが、我が家の子供はおしゃべりが上手になったのに

このおもちゃによる所も大きいのではと考えています。

お風呂で使える知育おもちゃの特徴は

そのおもちゃとは、壁に貼り付けるタイプの50音表と日本の地図帳です。

子供が一歳の頃から貼っていて、一緒にお風呂に入ると毎回ながめているので

馴染みのある存在だったのではないかと思います。

50音表の特徴は

50音表の特徴としては、

  • 50音が大きくはっきりとポップに書かれている
  • 50音が頭文字にくる単語がイラスト付きで描かれている
  • イラストは子供が親しみやすいものが多い

(たまに説明の難しい単語がきますが、そこは気にしない(笑))

視覚的に見て楽しめるものではあると思いますが、楽しみ方はほかにもあります。

地図帳の特徴

地図帳の特徴としては

  • 日本の地図がデフォルメされて書いてありとってもポップ
  • 都道府県名はひらがなで書かれているから、地理の苦手なパパママも分かりやすい
  • 各都道府県に関係するイラストが描かれている
  • イラストは基本的に食べ物の名産で、その他、特産品や名所などが描かれている
  • 「これは何?」と子供に聞かれた時のために、予習するのでパパママの学びにもなります

イチゴや梨やカステラ、鮭を加えた熊やなまはげや桃太郎、赤べこやうちわ、舞妓さんや博多どんたくなどがあり

分かりやすいものから調べないと分からないものまであります

お風呂で使える知育おもちゃの教え方は

我が家はこのようにして学んでいきました( *´艸`)

目と耳から言葉を覚えていく

50音表を順番に発声し、目と耳から言葉を覚えていく

 →我が子は3歳になる前から50音の多くを言えるようになりました

  また、自分やお友達の名前に使われているひらがなであれば、別のところに書かれて

いても分かるようになりました

あっ、ひ〇クンの‘’ひ‘’だー、というようになりました。

ちなみに、パパママが50音を発生している口の動きを見せるのも、言葉を覚えるのに

効果的なんだとか

文字や地図と身の回りのことを関連付けていく

地図帳と共通して言えることで、他の絵本やおもちゃに出てくるものと関連付けて

見ていくと覚えやすいように感じました。

たとえば、にゃんにゃんはあの絵本に出てくるねーとか、ぬいぐるみや車のおもちゃ

などでも、自分の身の回りにあるものと、50音表や地図帳に描かれているイラストが

同じである方が理解しやすいようです。

地図帳だと都道府県名やイラストのことだけでなく、知り合いの住んでいる場所を

教えてあげるのも、効果的なようでした。

祖父母が他府県に住んでいる場合、自分の住んでいる所はココだけど、おじいちゃんや

おばあちゃんはコッチだよと教えてあげます。

地図だけだとイメージしずらいので、実際に行ってみてこんなに離れているという

ことを体験してみるのも、いいのかもしれません。

我が家で活躍してくれている100均おもちゃでの言葉の覚え方をご紹介しました。

こちらの記事では他にもおすすめ100均おもちゃについて書いてますφ(`д´)メモメモ…

赤ちゃん子供をお風呂へ入れたい!おすすめの100均おもちゃは何 今回は赤ちゃん子供をお風呂へ入れたい!おすすめの100均おもちゃは何? についてお話します(^^)/ 子供がお風呂を嫌がっ...

まとめ

今回は

お風呂で使える知育おもちゃのおすすめは?赤ちゃんや子供は言葉をこれで覚えました

についてお話しました。

費用対効果はそれなりにあると思っているので、皆さんもぜひお風呂で子供の知育のため使ってみてください。

他にも世界地図、アルファベットなど、種類も様々なので、子供の興味に合わせて変えてみてもいいのかもしれません。

定期的に裏面も洗ってあげないと、カビが発生しやすいと注意書きで書かれていたので、そのあたりは注意が必要です。